本ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しております。ご使用のブラウザ設定でJavaScriptを無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されないことがございます。 ご利用の際にはJavaScriptの使用についてをご参照いただき、ブラウザ設定でJavaScriptを有効にしていただきますようお願いいたします。
現在ご使用のブラウザは、本ウェブサイトではサポートしていません。ブラウザ環境をご参照頂きブラウザを最新バージョンにアップグレードしてください。
 
システム開発事業部 入社2年目

橘 政宏

出身地:東京都
趣味:シンセサイザー、ポータブルオーディオ
特技:オヤジギャグ

就職活動アドバイス

小学校のころから機械いじりが好きで、仕事をするならこの業界だと決めていました。だから私は、「ここで働きたい!」と思える会社だけ説明会へ参加していました。好きじゃない会社や、働かないかもしれない会社を見ても、自分の答えは変わりません。好きになれるかを判断するためにも、まずは会社や業界についてしっかり勉強すること!その会社の事業内容や業界を調べて良いと感じたら、迷わず挑戦してください。

これが私の仕事

機密情報もあるため、詳しいことは言えないのですが…

今はある製品のLEDやモーター部分のソフトウェア開発(設計、プログラミング)を行っています。僕がメインに携わっているのは設計。プロジェクトチームは全部で7人で、20代の若手から50代のベテランリーダーまで、幅広い世代のメンバーと一緒に仕事しています。「デバイスには色や動きを構成した方がより目立つ」など、リーダーから的確なアドバイスをもらいながら進行しています。

だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード

社長や先輩との距離の近さが、この会社のいいところ。

当社では、社歴や役職は一切関係ありません。全社員参加のミーティングでは、経営に関する話、メリット・デメリットの話、時計の配置場所まで、いろんな話し合いを行うのですが、時には私ひとりが反論していることもあります。そんなときは社長が自ら輪に入り、みんなが納得するまで話し合えるようフォローしてくれます。この間は2時間も話し込んでしまいましたが、その距離感こそがこの会社の魅力。あとは、研修が充実していることですね。「約束の時間は守る」「身だしなみを整える」「メールの書き方」など、社会人としての基礎をできるようになるまで繰り返し教えてくれるので、エンジニアとしてだけでなく、社会人としての成長を日々感じることができます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

能力よりも、この会社で“働きたい”気持ちが大切。

就活中は40社近く受けましたが、すべて選考に通らず…。落ち込んだりもしましたがめげずに受けていたとき、アルウィンと出会いました。説明会での印象は「変わった会社だな」。大勢の先輩社員が説明会を進行して、事務的な堅苦しい雰囲気はありませんでした。その親しみやすい雰囲気が好印象で面接を受けたのです。「技術力やコミュニケーション能力があるかどうかは関係ない」と言われたのが、心に刺さりましたね。ですが、自分の面接態度の“何が悪いか”“どう直せばいいか”を言われてしまい、その時点では正直落ちたと思っていました。それでも絶対にこの会社に入りたいと、「この会社で、やっていける?」と聞かれたとき、「はい!」と大きな声で答えたのです。その一言が、合格の理由だったのかもしれません。